借金に対してシビアな対応を心がけたい

私は知人から借金を頼またとき、無下に「貸せない」と今までは言えませんでした。相手が望む金額ではないにしろ、結局いくらかは貸すことが多かったです。私に借金を頼むくらいですから相当追い詰められているのでしょうし、それならば手助けしてあげたい気持ちがありました。ただ、最近はその考え方を改めるようにしています。なぜなら、そこでお金を貸しても、ほとんど返してもらえないとわかったからです。

もちろん律義にきちんと返してくれる人も中にはいますが、そのほとんどがうやむやのまま貸し倒れになってしまいます。お金を貸した相手に「早く返してくれよ」とは言いづらく、借金することを受け入れた時点でそうなることを覚悟しなければなりません。本来お金を貸したほうに何も気に病む点はないのですが、借金を受け入れたばっかりにあれこれとお金のことでいろいろと考えるようになってしまいます。それはハッキリいって損ですし、それならば最初から貸さないほうが身のためだと気付きました。

私も「どこかから借金したい」と思うことがありますので、他人のことをとやかく言える立場ではないのかもしれません。ただ、貸す側の気持ちがわかっているからこそ借金に対してはシビアに対応していかなければならないという考え方になっていますし、私もなるべく借金はしないように生きていきたいと思うようになりました。借金をしなければどうにもならない状況になったらしかたないですが、それ以外の状況では借金しないほうが賢明です。

借金が払えない・・・という状態になる前に気を付けること

借金をしているとき、特に借りてお金を使っているときには、全然返済のことについて想像力が弱くなっています。
なので、つい使いすぎてしまって返済するときになって「大変だ!借金が払えない!!」と感じるようになるわけです。
しかしながら、リボ払いという返済方法を使っていれば、それほど日常生活に支障を出さずに返済を続けることができます。
一定額を返済できるという部分は気持ちの重荷が取れるという点で非常にメリットがあります。
ただ、一方で返済が完了するまでに時間が少しかかりますから、利息(手数料)の部分では割高になります。
もし、一つのカード会社などにお金を借りているのであれば、一括払いでも問題ないのですが、複数の会社に借りている場合には、
毎月一定額を全ての会社に対して返済する必要があるため、結構大変になります。
そのため、返済日が終わったらスグに借りて、このお金を返済に充てるという状況が続くこともよくあります。
ただ、これは一過性のものでちゃんと仕事をしてお金を作ればだんだんと返済がラクになっていくのは確かです。
返済ができないという状況になったら深刻ですが、まだ「返済したらスグに返済」というサイクルができているのであれば問題ありません。
必ず返済はできるという気持ちを持つことが大切です。
ただ、やはり借金は借金です。
お金を借りている以上、返さないといけないのです。
だから、まずは借りないということを意識することが大事です。
借金をしているという危機感を持つことで、無駄な借金をしなくなるのではないでしょうか。

借金の怖さについて

借金の怖さについて、身近な存在でもある職場の同僚が多重債務者になってしまいました。
理由につきましては、自分よりも明らかに収入が高いのにもかかわらず生活費に困っているとの相談をその同僚から受けたことがありますが、その同僚は家賃を数カ月間滞納していてそれか積み重なり、約50万円近くの家賃を滞納していて、相当生活に困惑しているなと察しましたし、相談を受けた時に借金の連帯保証人になってくれと言われましたが、さすがにその要求に対しては断りましたね。
その後は、どのようにしてお金を工面したのか定かではありませんが、消費者金融などに行きお金を借り入れたことが想像されます。
案の定、その同僚は横領の犯罪を犯してしまい、会社のお金にまで手をつけてしまったのです。その事が会社にバレてしまい、解雇になってしまいましたが、事実確認によると競馬やパチンコなどに大金をつぎ込んでいたそうです。
その同僚から相談を受けてから、1年を経過しないうちに横領事件が起きましたので、相当のお金をギャンブルに使っていたのだろうなと想像させられますね。
ギャンブルと借金は改めて身を滅ぼしてしまうなと思った出来事でもありました。

クレジッドカードのキャッシングで借金がありました

私は自分のクレジットカードを母に預けて渡米しました。そうしたら、私が渡米している間に母は私のクレジットカードを使ってキャッシングで現金を借金していたのです。母は少し認知症の気があって、暗証番号さえ入力すれば現金が勝手に出てくることに快感を覚えて、少額ずつ定期的に引き出していたのです。私が日本に帰国して、そのキャッシングの額を聞いてびっくりしましたが、母は毎月ちゃんと返すからと言いました。しかし、カードの支払日になっても私にお金をくれませんでした。「ちょっと待ってほしい」と言うばかりで、なかなか返してくれませんでした。
そのうちカード会社から催促の電話がかかるようになって、母が借りたことを言ったのですが、カードの名義は私なので、私に返済の責任があるということでした。それで、このままでは私はブラックリストに載ってしまう、と言い、兄に相談しました。兄が母の代わりに全額用意してくれました。それで借金を返済することができて本当に良かったです。それ以来、母にクレジットカードを持たせるのはやめにして、現金だけの生活にするように決めました。
高齢者にクレジットカードはちょっと危ないな、と思うようになりました。

借金生活が続いて学んだこと

借金をしている時はどうしても返済が思考の中心になってしまいます。
そのため、四六時中お金のことを考えなければいけないようになってしまいます。

仕事はお金を基準に選ぶと失敗すると言われています。
しかし、借金がある時はどうしても、お金を基準とした仕事選びや生活になりがちです。

この負のスパイラルから抜け出すためには、できるだけ早めに借金を考えなくてよい生活にしていくことが大切です。
自分だけで解決が難しい時は、身近に相談できる人に相談するのが良いでしょう。

また、身近にそういう人がいない場合は、弁護士などの専門家に相談するのも良い方法です。
自治体などで無料相談を行っているところを利用することで、解決への道筋が見えてくるかもしれません。

また、できるだけお金に縛られない思考を習慣づけることで、仕事が上手く回るようになることもあります。
お金は大切ですが、それだけで世の中は回っているわけではありません。

借金も同様で、借金のある生活から早めに脱することが大切です。
できるだけお金の悩みのない生活を実現していくためにも、少額でもお金を寄付するなどの功徳を積むことも大切です。

お金は天下の周りものです。
善い行いを行えば、お金が入ってくるようになります。

借金はお金を借りる所が重要

借金をする場合ですけど、お金を借りる所が重要になってきます。金融機関、知り合い、家族など借りる相手というのは多く存在します。もちろん、双方の承諾が大事になってきます。
そこで、厄介な人または金融業者からお金を借りる事になってきますと、返済額が多かったり、取り立てが厳しいなどというような状況になりますので注意しなければいけないです。人から借りる場合ですけど、なるべく信頼できる人から借りるようにします。身近な人がお勧めになってきます。
例えば家族や仲の良い知人などです。返済額を多くしたりなどこちらに負担がでる人から借りないようにします。
また、金融業者においては、正式な安全な金融業者からお金を借りるようにします。利息が異様に高かったり、取り立てが厳しい所からは借りないようにします。
このように、借りる相手を慎重に選んでいく必要があります。そうすることによって、後で問題にならないですし、安心して借りて、返済していく事ができます。
自分が借りようと思う金融業者については、時前に情報を収集して安全なのかを見極めて行きます。借金をする相手によっては、状況が大きく変わってしまう可能性がありますので、その点を把握しておきます。

キャッシングは滞納すると3つのデメリットがある

キャッシングは毎月の約定日に既定の金額を支払うのが基本的な返済方法ですが、滞納すると思っているよりも多くのデメリットがあるのです。

◆デメリット1. 信用に傷がつく
各金融機関は誰がいつどこで、いくらのキャッシングをしたのかなどの情報を確認することが出来る個人信用情報機関と呼ばれるものがあります。
実はここには滞納や不払いなんかの事故情報も記録されているのです。
事故情報があるとまともな消費者金融はまず審査に通してはくれません。

◆デメリット2. 滞納損害金が発生
キャッシングを滞納すると、約定日から返済額が支払われるまでの間に損害金利が発生します。
大体の金融機関で一律20%の損害金利が発生するので、その分返済額が増えてしまいますね。

◆デメリット3. 利用がストップする
ほとんどの金融機関で滞納する一定期間キャッシングの利用がストップしてしまいます。
最低でも3ヵ月はキッチリと約定日に返済しないと利用が回復することはないでしょう。
銀行系カードローンは3ヵ月以上かかることも。

キャッシングは滞納してもメリットなど1つもなくデメリットしかしりませんね。

「ほんの数日だから大丈夫」など考えず、返済は毎月キッチリと約定日に行いましょう。

リボ払いは地獄の入口

キャッシングによる借金やクレジットカードなどで、リボ払いという言葉を聞いたことがあるかと思います。正式名称はリボルビング払いで、簡単に説明すると、月々の元本返済額が一定のため、非常にわかりやすい借金の返済方法です。

しかしながら、その利便性にのみ頭がいくと、どれくらいの借金総額になったかと言う視点が欠けてくるため、雪だるま式に借金が増えるという恐ろしい結末が待っています。元本の返済額が一定のため、どうしても借金が増えているという感覚を持ちにくいことが、そのような傾向を生みやすいのです。そのことに気付くのは、元本返済分に加わる利子額が増えてからということが多々あります。月の返済額が元本の分の返済額より2倍近くになってから、慌てて多額になった借り入れの総額に気付くというパターンが多いようです。

こうなってしまったら、当然自転車操業状態になりますから、生活が破綻する可能性が相当増えることになってしまいます。ですから、リボ払いは、「行きは良い良い帰りは怖い」という典型的な借金方法なのです。ただ、リボ払いは一括元本返済という方法を取れますので、借金時点では収入的が少ない時期が続くが、割と短期間にまとまった収入が見込める場合などにおいては、使い勝手が良いシステムとも言えます。

しかし、いずれにせよリボ払いはかなり限定された状況以外では使用しないということが、返済破綻を避けるための重要な心構えと言えるでしょう。もし使用する場合でも、どれだけ借りているかという視点を常に持ち続けるが肝要です。

借金は友情を壊す?

借金をすると友情を壊すとか、借金は身を滅ぼすなんて言われています。
子どものころに親からそう言われてきました。
「連帯保証人のハンコも押すんじゃないよ」などと、よく言われていたように思います。
借金は、たしかに友情を壊したり、身を滅ぼすことがあるのかもしれません。
友情だけではなく、家族を壊すことも昔からたくさんあるわけですよね。
でもこれって、たしかに借金の問題なのでしょうけど、お金の問題というようにも言えるような気がします。
借金はたしかに悪いんだろうけど、そもそもお金があることが悪いのではないのかな、なんてことも思ったりしています。
お金さえなければ、借金で苦しむ人もいないのでないだろうかと。
でも、お金がない国なんてないのだろうし、お金がない世の中というものが成り立つのかということも、さっぱりわかりません。
しかしながら、借金をしても苦しまずに、上手に暮らしている人はいるわけですし、企業なんて借金をたくさんしているわけです。
第一、日本という国は借金国家ですものね。
借金は悪いことではないし、苦しむことでもないということになるのでしょうか。
さっき見ていたテレビで、借りた物は早く返さないとだめなよと大ベテラン個性派女優さんが言っていましたけどね。

借金から生じる不利益

個人からにしても法人からにしても、借金を行うというのは決していいことではありません。借金を行うというのは、他者からお金にだらしなく見えてしまうものです。借金を重ねれば重ねるほど自己管理のできない人間だと判断され信用を失っていきます。社会不適合者の烙印を押され、仲の良かった家族や友人はしだいに避けていくようになります。ですから、借金はそうそう何度も繰り返していいものではないのです。
借金は、いずれ返却しなければならないお金です。心優しき個人であれば、執拗に返済を迫ることもなければ利息を請求するようなこともないかもしれません。しかし、銀行や消費者金融のような金融機関から借りた場合にはどうでしょうか。こちらは、お金を顧客に貸し出すことにより利益を得ています。仕事であり商売です。ボランティア精神でお金を貸し出しているのではありません。返済が滞れば催促を迫ってくるし、年数の経過と供に利息は膨れ上がってきます。借金が原因で自己破産するというのはよくあることです。
一度借金すると新たな借金が生じたりします。借金の返済を行うために、別の人から借金を行うことです。こうなってしまったらもう人生に先はありません。転落の一途を辿っていくだけです。ですから、借金を行うというのは人生の岐路になるほど重要且つ慎重に行動しなければいけないのです。